HOME > 相続でお悩みの方 > サービス概要

相続 札幌

相続でお悩みの方

はじめに

当ホームページにお越しくださり誠にありがとうございます。この度相続についての知識と方法を掲載しました。
わずかながらお力になれれば幸いでございます。ご不明、ご不備な点がございましたらどんなことでもお申し付けください。誠心誠意対応させて頂きます。

サービス概要

さて、皆様は相続についてお調べのことと思います。インターネット上では、様々な業者がいて、さぞ混乱していらっしゃるかと思われます。いったいどこに頼めばいいのか…

当事務所に依頼いただくと…

  • 紛争解決(もめている相続) ⇒ 弁護士
  • 相続税が関係する相続 ⇒ 税理士
  • 不動産登記、商業登記 ⇒ 司法書士
  • 遺産分割協議書、自動車移転登録、預貯金払戻請求 ⇒ 行政書士

当事務所は全てに対応可能でございます。
当事務所を窓口として信頼のおける弁護士、税理士、司法書士がおりますので、お気軽にお問い合わせください。

初めにすること

まず初めに、遺言があるかどうか探してみてください。

遺言が無かった場合 ⇒ 法定相続の手続き
・法律に基づいて、相続財産の分配を行います。

遺言が有った場合  ⇒ 家庭裁判所の検認
・決して開けないでください。そのまま家庭裁判所で検認という手続をしてください。

遺言執行人が選任されている場合は、遺言の内容を遺言執行人が執り行うことになります。
亡くなった方は、亡くなってしまったので、もちろんその人名義の何かをその人名義で手続きはできません。すべて相続という手続により行われます。
亡くなった方の印鑑証明書やキャッシュカードを使用してはいけません。後ほど混乱し、紛争になる原因となります。

凍結された口座

被相続人の生前取引のあった金融機関の口座は、死亡することによって凍結(入出金できなくなる)されます。
相続の手続きが完了しないと凍結解除してくれません。銀行も相続に関してはかなり慎重に処理します。
手続や書類は、金融機関によって違ってきますので、まず取引のあった金融機関に問い合わせる必要がございます。

3つの相続方法
  • 単純承認 … 読んで字のごとく、相続しますとの意思表示。債務も含まれますのでご注意を!
  • 相続放棄 … 一切の相続はしませんという手続!家庭裁判所での手続になります!
  • 限定承認 … 相続財産以上の負債を負わない方法!負債を相続したくないときに利用される。
まずはお電話もしくはメールでお気軽にご相談ください メールでのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせは0120-669-291へ
まずはお電話もしくはメールでお気軽にご相談ください メールでのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせは0120-669-291へ
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
  • 行政書士佐藤秀樹事務所 スタッフブログ

相続・会社設立は法人設立700件以上の実績を誇る"佐藤秀樹事務所"へおまかせ下さい。 相続や各種書類作成などの複雑で面倒な手続きもトータルにサポートいたします。